In Production 2

何故私が繰り返し素描に取り組んでいるかと言うと、それは根気を養うことに尽きる。愛する作品を最後まで集中力を絶やさずに丁寧に創り上げる粘り。これが作り手としての私にもっとも欠けているところだからだ。
新作の素描。今回は複雑な想いを含んだ眼差しに注目してみたい。幼さと遥か未来の交錯。出来るだけ線を活かして視線の先にある悩ましい欲望を描き切ってみせる。

A Song For Japan

日々の創作日記とお気に入りの音楽など。日常と非日常を行き来する『北村工女』の奇妙な世界をお楽しみ下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000